ニキビと女性

基礎化粧品は大切

両手を当てているタンクトップの女性

肌の弾力や潤いは、コラーゲンやヒアルロン酸などによって保たれています。若いうちは、これらの成分が肌でたっぷりと作られるため、特にスキンケアを施さずとも、美しい肌を維持することができます。 しかしコラーゲンやヒアルロン酸は、20代をピークに、その後は徐々に減少していきます。するとそれにつれて、肌は荒れやすくなっていきます。弾力が減ってたるんだり、乾燥してシワができたりするのです。そのため30代以降は、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されている基礎化粧品で、スキンケアをすることが必要になってきます。 コラーゲンもヒアルロン酸も、日々失われていきます。したがって基礎化粧品による補充は、毎日おこなう必要があります。毎日欠かさず補充しておくことで、30代以降も若い頃と同じような弾力や潤いのある肌を保つことができるようになります。

30代になると、皮脂の分泌量も増えてきます。皮脂を放置しておくと、肌がテカテカと光ったり、ニキビができやすくなったりします。そのため30代以降は、若い頃以上にしっかりと洗顔をおこない、皮脂を丁寧に除去することも必要になります。 ところが皮脂を除去すると、肌は乾燥しやすくなります。なおかつ乾燥を防ぐために肌は、皮脂を過剰に分泌するようになります。 これを防ぐためにも、基礎化粧品の使用は有効です。洗顔後にすぐに基礎化粧品を使用することで、肌は乾燥せず潤うようになります。肌が潤えば、皮脂は過剰には分泌されなくなり、テカテカとは光らなくなりますし、ニキビもできにくくなります。 このように、30代以降の基礎化粧品の使用には、多くのメリットがあるのです。